事業所得と雑所得の境界ラインっていうものがどういうもの?

事業所得と雑所得の境界ラインっていうものがどういうものか?

事業所得と雑所得の境界ラインっていうものがどういうものかを4項目に分けて説明していきたいと思います。

以前何回かお話ししていますが、この事業所得と雑所得の境界ラインっていうのは本当に曖昧なんですね。今回の4項目は裁判の判例で出てきているものです。

 

①反復継続性があるか

例えば、講演会を年に2、3回頼まれて、その度に10万円、15万円の報酬を貰うんだよというのは、反復継続性があるとはみなされません。

一時的なアルバイトが年に2,3回あったよと考えられますので

もっと客観的な継続性・持続性があるというのが必要になってきます。

 

②営利性・有償性があるか

表現が難しくなりますが、ビズネスである以上、営利性(ちゃんと儲けが出るのかどうか)、有償性(無償もしくは無償に近しいような安い金額で請け負っていないかどうか)が問題になります。しっかり儲けを追及していることが事業所得の要素になります。

 

③自己の計算と危険において独立遂行するか

これも文章としては難しいですよね、

自己の計算と危険においてというのは、自分で考えて、リスクをとって業務を遂行しているかどうかということですね。

具体例あげます。私は、遠隔読影の会社を経営しておりますので、仕事を取ってくる時は、ここにこういう営業をかけたら、仕事を取って来れるかもしれないという計算のもと営業に行きます。例えば、それが東京であったり、大阪であったりいろんな所に行くわけです。そういうふうに先行投資しているわけですね。先行投資するというリスクを背おっても当然営業が身にならなくて仕事がとってこれないという事はあります。自分の計算が外れて、経済的なダメージを負うリスクをちゃんととって動いている事業ですか?という事が重要になってきます。逆に言えば、自分がリスクを取らず、また計算せずにあてがわれた仕事というのは事業所得とみなされない可能性があるということです。

 

④事業として客観的に成立するか

これは社会通念上、仕事と認知されるかどうかです。

例えば、サラリーマンドクターの方が、通勤過程で株とかFXで莫大な利益が出たとしても、それは客観的に仕事とはみなされませんから、事業所得と見なされないということです。

 

この4つの項目を満たしていれば、概ね事業所得と言っても構わないと判断できます。

ご自身がやってらっしゃる仕事がこれらにあてはまるかどうかを考察していただければと思います。以上です。

動画でも説明していますので、ご覧になってください👇

友だち追加